スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「実習生に対する為替の影響」「レッドインボイス」など勉強になります。

おはようございます。ルートです!!

昨日からベトナムに来ています。
知らないことばかりなので、全てが勉強です。

それでは、2429日目のブログを更新して
今日も、やる気満々でスタートです。

昨日はベトナムに到着後に事務所に行って
検査冶具の使い方をレクチャーして、経費明細書の確認をしました。

検査冶具の使い方はバッチリ!!
お金の管理もしっかり出来ているので安心です。

その後ホテルにチェックインして、お金を両替したのですが
円安の影響で1円=176.37ドンです。

DSC_0414.jpg

私が初めてベトナムに来た時は、1円=約250ドンで
つい最近まで約220ドンでした。

うちの実習生たちは、毎月10万円ほど国に仕送りしています。

以前と比べて1円で80ドンの差があるとすると
10万円で8000000ドンの差になり
ベトナムの平均月収の約2カ月分になります。

彼らにとっては、非常に大きな問題だと痛感しました。

その後、大垣共立銀行ベトナム駐在事務所へお邪魔して
現地での金型部品の自社手配の件と弊社の現状を報告させて頂きました。

今回件で、発注と送金について弊社のやり方に誤りがあり、それを教えてもらいました。

基本的な考え方として「発注は日本の本社から、送金は本社から直接メーカーへ」

これを簡単に考えて、ベトナム駐在事務所から発注し、駐在事務所に送金して支払うつもりでしたが
それはNGであることを教えて頂きました。

発注書の発行元と日本からの送金先が変わるだけのことなのですが
正規のルールでNGなので、日本に戻りすぐ修正します。

それから「レッドインボイス」という公の領収書の存在も知りました。
弊社の駐在事務所で発生する経費は、家賃、給料、電気代、支援機関への支払い等なので
大きく影響はありませんが、厳密に言えばこちらでのタクシー代もレッドインボイスが無いと
所長の個人所得に加算されてしまうそうです。
その対応として、タクシー会社のカードを作って月で請求してもらうようにするそうです。
弊社の駐在事務所も、早速タクシーカードを作るように指示をしました。

その後は、所長さんを交えて会食。
そこでも飲食店でのレッドインボイスを発行してもらうやり方を教わりました。

DSC_0416.jpg


何の勉強をしないで作った駐在事務所なので
全てが新しく学ぶことばかりです。

「元気」と「笑顔」で
今日も一日、頑張っていこう!!
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。